かみさんからの予想外の言葉

個人事業

就職活動を始めて早三ヶ月が経とうとしています。

個人事業と就職活動の二足のわらじ状態で、のんべんだらりといった状態が数ヶ月も続くと、早く就職を決めなければという焦りが出てきます。

世間一般では、転職活動期間の平均が二ヶ月程度と言われているらしいですが、これは、それ以上長く続ける人がいない(焦りからか)からだと思います。

最初は選り好みしてる状態ですが、時が経つに連れ、焦りが出てきて、二ヶ月くらいたったあたりで、妥協点を探るようになるのではないかと分析します(笑)

かくいう私もその一人です。

しかし先日、かみさんと就職活動の話をしていたら、予想外の言葉がかけられました。

『今も細々ながら個人事業を続けて、生活費に困ってる訳じゃないから、焦って決める必要ないと思う。』

私がこれだけ焦ってるんだから、かみさんはきっともっと不安なんだろうな。早く就職決めないと。と思っていただけに、予想外の言葉でした。

ふっと心が軽くなった気がしました。

かみさんの気持ちに感謝、かみさんとの出会いに感謝、かみさんとのこれまでの日々に感謝です。

心が軽くなったとはいえ、早く納得いく形での就職をしなければいけない状況に変わりはありません。

かみさんの気持ちを有り難く受け取ると同時に、一日も早く就職出来るよう頑張らなくてはいけません!

日々精進!

コメント

タイトルとURLをコピーしました