世界の銀行の金利

個人事業

『貯金しなさい』

昔からよく言われたフレーズです。

なぜ、日本人は貯金が好きなのでしょうか?

一昔前は日本の銀行の金利が8%というような時代もありました。100万円預けたら、1年後には108万円になって、更に1年後には108万円の116.64万円になって…。そのような時代なら『貯金する事』がもっとも効率的に自分の資産を増やしていく方法だったのだと思います。

では、現在の金利はというと、普通預金で0.001%、1年定期で0.01%。雀の涙程度です。これでは自分の資産は増えません。これから日本円の価値は下がるともいわれています。そうなると、貯金するだけでは自分の資産は減っていってしまいます。

そこで、『お金の置き場を海外にする』という選択肢があります。以下に世界各国の金利をあげてみます。

(単位:%)普通預金1年定期
日本0.0010.01
韓国0.100.65~1.10
中国0.301.75~2.00
ベトナム0.10~0.506.60~7.50
インド3.00~3.505.70~6.10
ドイツ0.001~0.0100.01~0.05
アメリカ0.01~1.500.02~1.50
カナダ0.01~0.600.80~1.75
ニュージーランド0.05~0.702.30~2.40
※金利の幅があるのは、銀行によって金利が違うためです。

日本の金利がいかに低いかがわかりますね。

『お金の置き場は海外』ということを、真剣に考えていこうと思います。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました