人に働いてもらうとき

個人事業

人に働いてもらうときには、1日1日、その人が行った作業の成果がはっきりと目にみてとれる形にするようにした方が良いと思います。

達成感を与えられるように、工夫するとでも言いましょうか。

自分が任されている仕事がどのくらいあり、それをいつまでにどの程度のクオリティで仕上げなければならないのかを明確にします。

その上で、今日どの程度まで出来て、全体の進捗として良いのか遅れているのかをはっきりと目で(もしくは耳で)分かるようにした方が、モチベーションに繋がるはずです。

幸せな小金持ちになるには、誰かの助けが必要です。誰かが、私の代わりに働いてくれる瞬間が出てくるはずです。

そのとき、今日感じた事を活かします!

日々精進!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました