人に指示するとき

個人事業

人に指示するときは、抽象的な表現は避け、具体的に言葉や数字にして伝えるべきですね。

抽象的な表現だと、個人差が出てしまい、品質が安定しません。

指示されて動く方も困惑してしまいます。

はっきりとした表現するため、人によっては冷たい印象やきつい印象を与えがちなので、ちょっとした気遣いも必要ですね。

『悪いんだけどさ‥…』『‥…助かるわ。よろしくね。』などの一言があるだけで、印象が良くなりますね。

指示する側もされる側も気持ちよく仕事を進められるよう、立場が上の人がそういった気遣いをしていくと良いですね。

日々精進!

コメント

タイトルとURLをコピーしました