姉の出産祝い

男性不妊

姉の出産祝いをひとりでネットサーフィンしながら決めました。

めでたいことなのに、心が曇り模様です。

当然、かみさんとは選べません。そんな可哀想なことはさせられません。

不妊治療で妊娠したとき、妊娠アプリを私に見せ、『こういうのがあるの。ずっと我慢してた。』と嬉しそうにながめたり、そんな小さな命を流産で失った時のかみさんの悲しみ方をみたら、とてもじゃないけど、一緒に選ぼうなんていえません。

実家の親族とは、段々疎遠になっていきそうです。でも、仕方ないことです。

私は、今、かみさんと此処で暮らしていて、これからもずっとかみさんと幸せに暮らしていくのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました