決定権を持っている人はだれか

個人事業

自分の事業を営業するにあたり、決定権を持っている人がだれなのかを把握しておくことは重要だと思います。

発注者、元請、下請け、孫請け…それぞれの中に決定権を持つ人がいて、その人に自分の事業を認めてもらう必要があります。

より上流の仕事を頂きたければ、発注者はどこ(会社など)で、その中の決定権を持つ人はだれなのか?ということを意識しながら活動する事が重要です。

私も今、それを意識しながら活動しています。仕事中、車の運転中、他社のサポートに入った現場の作業中…様々な場面でヒントが転がっていると思いながら、アンテナを張るように気を付けています。

日々、精進!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました