複眼的なものの見方

個人事業

複眼的なものの見方が出来ると物事がうまく運ぶ、らしいです。

自分の立場や価値観だけで物事をとらえるのではなく、相手の立場や価値観、状況を理解して、『この人から見たら、私はどのように映っているのだろう』と想像しながらコミュニケーションをとることを意識してみようと思います。

これは、変に気を使うということではなく、自分という存在の価値を最大限に引き上げるための手法だと私は思います。自分という『資源』を最大限に活かし、社会に貢献させ、そしてその対価として最大限の報酬を頂ける状況を自ら作り出していくための、大きな武器の一つになると思います。

日々精進!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました