親への売上報告

個人事業

私は個人事業主になったことを親に事後報告しました。

私の両親は自営業をしていて、商売の厳しさをよく知っています。

当然、個人事業主になったことを伝えたら、『そんなに甘くない』というような趣旨の助言をたくさんいただきました。

突然の報告だったので、心配したのだと思います。『危なっかしいから、毎月、メールでもなんでも良いから報告をするように』というお達しが出ました。

2回目の報告を、今、Lineでしたところです。

なかなか思うような結果が出せていないので、気が重くなってしまいましたが、『これから売り上げはどんどん右肩上がりに上がっていくのだ。今はその通過点でしかない。』と自分に言い聞かせ、文字を打ちました。

未来の自分から今の自分を俯瞰すると、現状を冷静に受け止められます。でも、その未来の自分をイメージ出来ているのは自分だけです。周りの人にはそのイメージが伝わっていないので、不安にさせたりしてしまうのだと思います。

妻とはイメージの共有を出来るよう、努めています。しかし、離れて暮らす両親とイメージの共有はなかなか難しいもので、特に不安にさせてしまっていると感じます。

未来の自分に一言。

少しでも経済的、時間的に余裕が出来たら、親孝行しましょうね。

日々精進!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました