面接で聞かれる事

男性不妊

就職活動をしていくなかで、いくつか面接を受けましたが、必ず聞かれる事項の一つに『子どもがいるかどうか』です。

子どもがいるかどうかだけでなく、現在結婚何年目かを聞いてくる面接官もいました。

子どもがいたら、急に体調を崩して看病をしなければならなくなったりで、仕事に支障をきたす可能性が高くなるので、企業としては前情報として押さえておきたいという気持ちはわかります。

でも、男性不妊の私にとっては憂鬱になる質問以外の何物でもありません。

いっそのこと、ここ数年で数回転職を繰り返すことになっている根本的な原因が男性不妊だということを打ち明けたらどうなるのだろうかと、ふと考えたりもします。

恐らく、面接会場は気まずい空気に包まれる事でしょう。

前職の転職活動の時も子どもの有無を聞かれました。

私が男性不妊だということは、前職ではついに誰にも伝えることなく退職しました。

男性不妊ということを会社に黙っていても、様々な事柄を自分の中で勝手に解釈して、被害妄想に似た感情を抱き、勝手に居心地を悪くしてしまっていました。

それならと、いっそのこと全てを打ち明けて、転職活動に臨もうかとも考えたこともありますが、なかなか踏み切れないのが現状です。

他のみんなはどんなふうに自分の気持ちと折り合いをつけていくのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました